読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやし日誌

日記のようなもの

HDC1000とRaspberry Piを使ってTwitterに室温と湿度を投げてみた

f:id:kazuki09:20160619014351j:plain
ちょっとまえに秋月で買った温湿度センサーHDC1000から取ってきた温湿度を自動でTwitterに投げるようにしてみました。
買ったは良いものの、ラズパイがLCD液晶に現在の時刻と温度と湿度を出すだけの機械と化していたので「インターネットにつながっている」という利点を活かしてみました。
とりあえずは簡易的なIoTになってるかなぁって感じですw(ちょっと違うかな?)

設置編

qiita.com
そこそこ資料も出回ってるセンサーなので解説は....要らなそうですね。

Pythonからセンサーを弄ってみる

# -*- coding: utf-8 -*-
import wiringpi
import os
import struct
from time import sleep
wiringpi.wiringPiSetup() #setup wiringpi
i2c = wiringpi.I2C() #get I2C
dev = i2c.setup(0x40) #setup I2C device
i2c.write(dev,0x02) #HDC1000 CONFIGURATION POINTER
i2c.write(dev,0x10) #send 1byte
i2c.write(dev,0x00) #send 1byte
sleep((6350.0 + 6500.0 +  500.0)/1000000.0)
dataAry = struct.unpack("BBBB",os.read(dev,4))
os.close(dev)
temp = (dataAry[0] << 8) | (dataAry[1])
hudi = (dataAry[2] << 8) | (dataAry[3])
temp = ((temp / 65535.0) * 165 - 40)
hudi = ((hudi / 65535.0 ) * 100)
print "Humidity %.2f" % hudi
print "Temperature %.2f" % temp

Humidity 62.47
Temperature 31.08

出力結果はこんな風になるはずです。設置編にあるCのソースを参考にPythonで書いてみました。
ちょっと違う所と言えばGPIOでRDYピンからの完了フラグを確認せずに、仕様書に書いてある時間分だけsleepするようにしてみたところぐらいですかね。
0x00~0x01に温湿度のデータが入るとのことで、アドレスに対してreadすればいけるかなーって思ったらI/Oエラーしか返ってこなくて3時間ぐらい潰しました。
wiringpiのpythonバインディングライブラリを使ってるのでビルドとインストールお願いします。
github.com

Twitterにも投稿してみる

# -*- coding: utf-8 -*-
import wiringpi
import os
import struct
from time import sleep
import tweepy
#setup tweepy
consumer_key = "hogehogehogehoge"
consumer_secret = "hogehogehogehoge"
access_token = "hogehogehogehoge"
access_secret = "hogehogehogehoge"
auth = tweepy.OAuthHandler(consumer_key, consumer_secret)
auth.set_access_token(access_token, access_secret)
api = tweepy.API(auth)
#setup HDC1000
wiringpi.wiringPiSetup() #setup wiringpi
i2c = wiringpi.I2C() #get I2C
dev = i2c.setup(0x40) #setup I2C device
i2c.write(dev,0x02) #HDC1000 CONFIGURATION POINTER
i2c.write(dev,0x10) #send 1byte
i2c.write(dev,0x00) #send 1byte
sleep((6350.0 + 6500.0 +  500.0)/1000000.0)
dataAry = struct.unpack("BBBB",os.read(dev,4))
os.close(dev)
temp = (dataAry[0] << 8) | (dataAry[1])
hudi = (dataAry[2] << 8) | (dataAry[3])
temp = ((temp / 65535.0) * 165 - 40)
hudi = ((hudi / 65535.0 ) * 100)
print "Humidity %.2f" % hudi
print "Temperature %.2f" % temp
api.update_status(status="現在の室温は" + ("%.2f度" % temp) + "、湿度は" + ("%.2f" % hudi) + "%です\n#もやしの部屋")

TwitterAPIクライアントにはtweepyを使いました。これはpipからインストールできるので

sudo pip install tweepy

でインストールできます。APIキーをセットすれば


こんな風にツイートされるはずです。

cronを使って自動ツイートしてみる

手動でツイートするだけでは面白くないのでcronを使って自動的にツイートできるようにしてみました。
cronからスクリプトを呼ぶだけなので難しいことはしてないです。

sudo service cron start
sudo chkconfig cron on

cronサービスを起動し、ラズパイの起動時に自動的に起動するようにします。(すでにしてあるなら飛ばしてもおk)
I2Cの操作にはroot権限を要するので、今回はrootのcrontabにスクリプトを登録します。

sudo crontab -e
00 * * * * python /home/pi/temp_twitter.py

一応これで1時間に1回自動的にツイートされるようになります。